花粉症対策には食生活を見直しましょう

皆様こんにちは。いよいよ花粉本番の季節がやってまいりました。
花粉症は日本人では5人に1人の割合でかかっているそうで、
憂鬱になる方も多いのではないでしょうか?
花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因となるレルギー疾患で、患者数は年々増加しています。増加する理由は2つあります。
一つは、戦後のスギ・ヒノキ植林事業によってスギが成長した結果、現代になって大量の花粉を飛ばしていることが原因と言われています。
二つ目は、車の排気ガスによる大気汚染や、食の欧米化等の食文化の変化が要因で炎症が起こりやすくなり現代人がアレルギー体質になっています。
食生活を見直してアレルギー体質を治すことが花粉症対策へ繋がります。
今回は「花粉症対策」についてお話しします。


「花粉症対策」には3つのポイントがあります。

01.png

「油ものを控える」
揚げ物や、脂っこい食事(揚げ物、ファストフード、スナック菓子など)のほとんどには、オメガ6系の油が使用されています。この油は身体に欠かせない栄養素の一つで、同時にアレルギー促進作用や炎症促進作用があります。マヨネーズ、サラダ油、ごま油、コーン油等はオメガ6系油の代表ですので摂り過ぎにはご留意して下さい。食の欧米化によるオメガ6系油の摂取量増加がアレルギー体質を引き起こし、花粉症の原因となっています。
因みに、オメガ6系の油が体内で変化すると「アラキドン酸」という脂肪酸になります。アラキドン酸は、「ヒスタミン」という花粉症状の原因物質よりも強い炎症作用があるともいわれています。
コーヒー・ココア・チョコレートの食べ過ぎは、
「ヒスタミン」を増やし症状を悪化させるので、食べ過ぎにご注意して下さい。

「オメガ3系の油を摂る」
青魚の油、あまに油、えごま油、といったオメガ3系の油は炎症を抑える作用があるので、積極的に摂るようにしましょう。特に青魚の油であるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)はアラキドン酸の生成を抑制し、鼻づまりや花粉症の症状悪化を予防する作用があります。
01-2.png
ここ最近お肉ばかり食べられている方は、お魚を積極的に食べることをお勧めします。
02.png
免疫系のバランスが崩れると、花粉症になりやすいため、免疫バランスを調整してあげることがとても大切です。免疫バランス=腸の健康です。腸内環境が整うと、善玉菌が多くなり、体内の良い菌増えることで免疫も強くなります。
02-2.png

03.png
ビタミンB6や亜鉛は免疫機能を正常に保ちます。ビタミンAやビタミンCは皮膚や粘膜の健康を維持し、アレルギー症状を抑えるのに役立ちます。野菜や果物に含まれるポリフェノールなど抗酸化作用のある成分は、アレルギーを引き起こす原因の活性酸素を抑制します。
03-2.png

花粉症対策をきっかけに食生活を見直し、今回紹介した食品を取り入れながら、アレルギー体質や免疫バランスの改善につなげて下さいね。
管理栄養士 江星
ばな02

バナナの救済ケーキ!

こんにちは
寒い日が続くと思えば暖かくなり、そしてまた寒い日がやってきます。
まだまだインフルエンザや風邪が流行り、更に花粉症も出てきていますのでお気を付け下さい。
少し前のお話なのですが、買っておいたバナナを食べ忘れ、
熟してたくさんのシュガースポット(皮が黒くなる)が出てしまいました。
こうなってしまうとあまり食べたくないのですが、
捨てるのはもったいないので、バナナを使って何か作れないかな?と思い
「バナナケーキ」を作ってみました。
今回は熟しすぎたバナナの救済レシピとその効能についてご紹介します。
banana01.jpg
①:飾り用にバナナを5cm程度をスライスし、
  残りはフォークや包丁で細かくします。
②:ボールに卵とヨーグルトを入れ、泡だて器で混ぜ、
  ホットケーキミックスを加えて混ぜ合わせます
  (お好みで砂糖を加えて下さい)
③:①で細かくしたバナナとくるみ(25g)を加えて混ぜ合わせます
④:型に流し、台に2~3回打ち付けて空気を抜き、
  ①でスライスしておいたバナナを飾り180度のオーブンで
  35~40分焼いたら完成です

できあがりはこんな感じです☆
banana03.jpg
banana02.jpg
ケーキを載せているカッティングボードは、泉州のご利用者宅に訪問した際、
一目惚れして購入させて頂いたものです。
奥様が一つ一つ丁寧に作られており、木の温かみがとてもお気に入りです。
ちなみに…
生地を型に入れ、レンジや蒸し器で加熱したり、ホットケーキとして焼いたりしてもおいしく頂けます♪
では、今回使用したバナナとくるみの効能についてご紹介します。
201732.jpg
今回使用したバナナ(2本)のカリウム量は648mgですが、1切れ当たり(8切れカットの場合)177mg になるので、カリウム制限がある方でも比較的食べやすいかと思います。
また、一切れ当たり150kcalなので間食にもお勧めです。
健康的で美味しいおやつです。お試しください。
管理栄養士 江星
ばな01