『在宅で管理栄養士ができること』

こんにちは
まだ5月なのに気温が28℃以上になることが多く、暑い日が続いていますね。
室内の気温も高い状態が多くなってきているので、こまめな水分補給を行い体調管理に気を付けて下さい。

5月21日(日)当社のグループ会社である東京リハビリテーションサービスの現任者研修へ参加し、管理栄養士が在宅へどんな訪問をしているのか?という内容のお話をさせて頂きました。

IMG_0449.jpg

IMG_0446.jpg

質疑応答の時間では、たくさんの質問を頂き、お子さまへの対応や言語聴覚士との連携など、もっと経験を重ね、新しいことを吸収していく必要があると今まで以上に強く感じました。

懇親会では、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ケアマネジャーなど、様々な職種の方から貴重なお話を聞かせて頂き、とても有意義な会となりました。

在宅で管理栄養士が出来ることは、食事の面でのサポートになります。食事は、私たち人間が生きる上で避けては通れない行為であり、食べることは人生の楽しみであり、幸せの一つです。

すなわち、食べることを支えるということは、一人一人の人生を支えているのと同義だと思っています。あらためて、食事を通して在宅での生活をサポートすることができる、この管理栄養士という資格に感謝しています。

管理栄養士 江星

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です