お正月太りを予防しよう

こんにちは、今年もいよいよあと僅かになりました。
年末には年越しそば、新年を迎えるとおせち料理を食べる習慣がありますが、皆さんはおせち料理のいわれをご存知ですか?
おせち料理は季節の変わり目(“節”)に、神様へ供え物をし、宴を開くという宮中行事で用いられていた料理で、いつしか庶民の間にも浸透したものです。
おせち料理には、豊作や家内安全、子孫繁栄などの願いを込められているものがたくさんありますので、いくつか紹介します。

123.jpg

おせちの定番メニューを食べ、ついでにお雑煮も食べる方がほとんどだと思いますがこの場合の摂取カロリーはどれくらいになると思いますか?

syo002.jpg

合計は・・・775kcalになります (あくまでも目安ですが・・・)
カロリーで見ればそこまで多い様には感じませんが、おせち料理は長期保存がきくように砂糖や塩をたくさん使用した味付けになっていますので・・・・
翌日にはむくみが出たり、体がだるかったりと食べ過ぎた代償が大きく現れます。※お酒を飲むと尚更です(+o+)。。
年末も含めお正月の美味しい物の食べ過ぎを放置していると“お正月太り”を引き起こしてしまいます。
そうならないためにも、簡単に出来る食べ方の工夫をご紹介します。

①空きっ腹で飲まない

砂糖や塩が少ない「なます」・「酢レンコン」などを小鉢1杯分食べるようにして、血糖値が急上昇するのを防ぎましょう。また、お野菜の酵素を利用して胃の消化吸収を助ける準備をしてあげましょう

②良く食べ、良く飲んだ翌日は果物を

おせち料理など濃い味付けの料理を食べた翌日は体がむくみやすいので、体内の“塩分”を排泄する手助けのある生果物を食べましょう・パイナップルやキウイ、バナナ、柿などがおすすめです!

③1食あたりのお餅は2個までに

お餅2個(100g)でご飯茶碗1杯分のカロリー(約240kcal)があります。お餅は小さいのでペロリと食べてしまいがちですが、、食べ過ぎると摂取カロリーがすごいことに・・・お餅を食べる時は1食あたり2個までにとどめて食べ過ぎには気を付けましょう

ちなみに・・・
皆さんも既にご存知かと思いますが、お酒の飲みすぎもむくみや正月太りに影響しますので、お酒はできるだけ糖質の少ない種類をお勧めします。

syo003.jpg

食べ過ぎ・飲み過ぎは体に毒です。
なんでもほどほどに楽しみながら、健康な年末年始をお過ごしください。

管理栄養士 江星

お酒との上手な付き合い方

「は~」と吐くと、白い息が見えるようになり、冬がやってきたなぁと実感するようになりました。
もうあっという間に12月も中旬ですね。
12月は忘年会やクリスマスなどの行事があり外食をする頻度が増加することと思います。
特に、忘年会はお酒が進みますよね。飲み過ぎて、翌日に頭痛がしたり、気分がさえなかったりと二日酔いを起こす事があるかもしれません。
二日酔いは摂取したアルコールが分解されることで生じる「アセトアルデヒド」によって引き起こされます。この「アセトアルデヒド」は人体に対して毒性があるため、飲酒時に顔が赤くなったり、動悸や吐き気、体のほてり、頭痛を起こす原因となります。
最終的には無害な形になり尿や汗、呼気と一緒に排泄されるのですが、体内に長時間たまってしまうと二日酔いの症状が長く続きます。
「じゃあ、アセトアルデヒドを早く分解できればいいんだ!」となりますよね。そこで今回は二日酔いを緩和する方法(アセトアルデヒドの分解を助ける)についてご紹介します。

まずはお勧めの食べ物についてです。

4598.jpg

上記の食品はアルコールの分解を行う肝臓の機能を助ける効果があります。各グループ内の食品を最低1種類ずつ毎日摂取して日頃から肝臓の機能を高めておきましょう。

食べ物だけでなく、水分の摂り方も工夫が必要です!

飲み会の後や翌朝は、
水や白湯をたっぷり飲むようにしましょう

水分をたくさん摂取することで…
・体内に貯留している「アセトアルデヒド」の濃度を水で薄めることにより二日酔い症状が緩和されます。
・たくさんの水を飲むことにより尿量が増え、「アセトアルデヒド」が排泄されやすくなります。
「飲み過ぎた~、二日酔いだ~」という時は試してみてくださいね。

管理栄養士 江星