お酒との上手な付き合い方

「は~」と吐くと、白い息が見えるようになり、冬がやってきたなぁと実感するようになりました。
もうあっという間に12月も中旬ですね。
12月は忘年会やクリスマスなどの行事があり外食をする頻度が増加することと思います。
特に、忘年会はお酒が進みますよね。飲み過ぎて、翌日に頭痛がしたり、気分がさえなかったりと二日酔いを起こす事があるかもしれません。
二日酔いは摂取したアルコールが分解されることで生じる「アセトアルデヒド」によって引き起こされます。この「アセトアルデヒド」は人体に対して毒性があるため、飲酒時に顔が赤くなったり、動悸や吐き気、体のほてり、頭痛を起こす原因となります。
最終的には無害な形になり尿や汗、呼気と一緒に排泄されるのですが、体内に長時間たまってしまうと二日酔いの症状が長く続きます。
「じゃあ、アセトアルデヒドを早く分解できればいいんだ!」となりますよね。そこで今回は二日酔いを緩和する方法(アセトアルデヒドの分解を助ける)についてご紹介します。

まずはお勧めの食べ物についてです。

4598.jpg

上記の食品はアルコールの分解を行う肝臓の機能を助ける効果があります。各グループ内の食品を最低1種類ずつ毎日摂取して日頃から肝臓の機能を高めておきましょう。

食べ物だけでなく、水分の摂り方も工夫が必要です!

飲み会の後や翌朝は、
水や白湯をたっぷり飲むようにしましょう

水分をたくさん摂取することで…
・体内に貯留している「アセトアルデヒド」の濃度を水で薄めることにより二日酔い症状が緩和されます。
・たくさんの水を飲むことにより尿量が増え、「アセトアルデヒド」が排泄されやすくなります。
「飲み過ぎた~、二日酔いだ~」という時は試してみてくださいね。

管理栄養士 江星

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です