プロバイオティクス、プレバイオティクスとは?

こんにちは、
日頃、栄養の相談をお聞きしていると、「便秘」のお悩みを抱えている方が多いように感じます。

まず、便秘は排泄物が大腸内に溜まり、なんらかの不調によって正常な排泄が行われない状態のことを言います。
便秘の定義は、【3日以上排便がない状態】、または【毎日排便があっても残便感がある状態】とされています。

よく、「便秘解消にはヨーグルト!」という言葉を聞きますが、ヨーグルトだけでなく他の食品にも腸の働きを良くする食べ物があります。
今回は腸に良い栄養素についてご紹介します。

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」という言葉をご存知ですか?

プロバイオティクス
生体内、特に腸管内の正常細菌叢に作用して、そのバランスを改善することにより、体に有益な効果をもたらす生きた微生物及び微生物代謝物を含む食品。
※乳酸菌、ビフィズス菌等がこれに当たります。

具体的な食品は・・・ヨーグルト、酒かす、納豆、味噌、ぬか漬け など

プレバイオティクス
大腸に常在する有用菌を増殖させるか、あるいは有害な細菌の増殖を抑制することで整体に有益な効果をもたらす難消化性食品成分。
※オリゴ糖、食物繊維、ラクトフェリン等がこれに当たります。

具体的な食品は・・・玉ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、芋類、キノコ類、豆類、バナナ、りんご、とうもろこし、こんにゃく、寒天、海藻類 など

syo002.jpg

シンバイオティクス
≪体への良い影響≫
・便秘の改善
・乳糖不耐症への対応
・腸炎の予防と治療
・感染の防御
・腸管免疫の賦活・抑制
・血圧、血糖、コレステロール値などの調整
・消化吸収促進
・皮膚炎の治療  などなど体にいいことがいっぱいです。

ヨーグルトの乳酸菌、野菜の食物繊維や果物のオリゴ糖を摂ることで、健康への良い影響をたくさん得ることができます。
日々の食生活にぜひ活用してみてくださいね。

管理栄養士 江星

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です