チョコレートの秘密

こんにちは、あっという間に2月も中旬になりました。
2月14日、みまーも岸和田で勉強会を開催。バレンタインデーということもあり、チョコレートにちなんだ内容と簡単なお菓子作りを行いました。

チョコレートは甘いだけで、「食べ過ぎると太るし、糖尿病などのいろんな病気になりやすいし・・・」とお考えになる方がほとんどだと思いますが、チョコレートには意外な効能があります。

≪チョコレートが体にもたらす効果≫

★活性酸素除去効果(=抗酸化作用)
★血圧の低下作用
★善玉コレステロール増加作用
★認知機能アップ
★自律神経の安定によるストレスの緩和
★リラックス効果
★血流促進効果
★集中力アップ
★腸内の善玉菌を増やし便秘の解消

これらの効果は、チョコレートに含まれるポリフェノール・テオブロミン・カカオプロテインによって得ることができます。
(テオブロミンとは、ビターチョコなどを食べた時に感じる苦み成分の事です)

しかし、体にいいからと言って食べ過ぎは肥満や様々な病気に繋がってしまいます。

では、1日当たりどれくらいの量ならいいの?となりますよね。

1日当たりに食べる量はチョコレート25g程度にしましょう。
小分けにして売ってあるチョコレート1個が約5gですので、それを1日に5個までという事です。

「おやつとして食べる!」と考えると量が少なく感じると思いますので、
小腹が空いたという時や食後のお口直しに食べて、健康を意識してみてください。

※ただし、これらの体に良い成分を得られるチョコレートは、カカオ70%以上のもの限定です!一般的なミルクチョコレートでは効果が得られにくいのでご注意くださいね。

勉強会の後は、お豆腐を使ってトリュフを作りました。

豆腐のトリュフのレシピはこちら

時には甘味の少ないチョコレートを食べて健康を意識して頂くのも良いかと思います。

是非お試しください。

管理栄養士 江星