冬至をご存知ですか?

12月といえば、クリスマス!そして大晦日!と思い浮かべられる方が多いと思いますが、“冬至”をお忘れではありませんか~?

冬至は1年の中で、最も日照時間が短い日で、今年は12月22日(土)です。

冬至に何かするという風習はそこまで有名ではありませんが、以下の事柄が代表的な風習です。

運盛り 】(「ん」がつくものを食べる)

冬至の日には「ん」がつくものを食べることで運気が上がるということは昔から言われてきました。運盛りの「ん」が2個つくものは“冬至の七種(ななくさ)”と呼ばれており、なんきん(かぼちゃ)・にんじん・れんこん・ぎんなん・きんかん・かんてん・うんどん(うどん)等があげられます。

この風習には『一陽来復(いちようらいふく)』という考え方が関係します。
【※一陽来復…冬の終わりに新しい春がやってくることや、悪いことが続いた後に運気が上昇していくという意味】

というわけで、「ん」がつく“れんこん”、“はんぺん”を使った運盛りレシピをご紹介します。 

「れんこんの挟み焼き」

 

【 作り方 】

①れんこんを5mm幅に薄切りにして、水にさらし、大葉は細かく刻んでおきます


②ボウルにはんぺんを入れて手で潰した後、ひき肉・大葉・塩を加えて粘りが出るまで混ぜ合わせます


③れんこんの水気を取り、片栗粉をまぶしておきます


④生地を6等分にして丸めたら、レンコンの上に置き、残りのれんこんを上に重ねて形を整えます


⑤熱したフライパンに油をひき、れんこんに焼き目がつくまで焼き、火を弱めて50mlの水を加えて蒸し焼きにします


⑥水分がある程度減ったら、の調味料を混ぜ合わせてフライパンに入れます。れんこんに絡めながら炒め、たれにとろみがついたら完成です。


冬至の日には、他にも以下のような風習があります。

 

かぼちゃを食べる

運盛りのひとつの食材である、なんきん(かぼちゃ)は栄養豊富で風邪になりやすいこの時期に食べるのが健康に良いとされてきました。かぼちゃは糖質が多く水分が少ないため野菜の中では高カロリーです。また、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンC、カリウム、食物繊維、といった重要な栄養素の多くが豊富に含まれるため野菜の中でもトップレベルの栄養価を誇ります。

ゆず湯

かぼちゃの次に有名な風習が「ゆず湯」で、冬至=「湯治(とうじ)」とゆず=「融通」、の語呂をかけていたという説があります。(湯治…温泉に入って病気の治療をすること)ゆず湯には血行促進や冷え性改善の効果が見込めるため、冬の寒さを乗り越えるという意味もあります。

冬至粥

冬至の朝に小豆粥を食べることを「冬至粥」と言い、冬至以外では小正月(1月15日)にも食べます。小豆のような赤いものには邪気を払う力があると昔から言われており、「一陽来復」の考えで運を呼び込むための邪気払いとして食べられていました。

 

今年も残りあとわずかですね。
皆さんも良い年末をお過ごしくださいね。

管理栄養士 江星

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です