続「食べ合わせ」のウソ?ホント?

さて、前回に続き、食べ合わせのお話です。

 

【 ビール × 揚げ物 】



アルコールの摂取と天ぷらによるエネルギーの摂取により脂肪酸合成が高まり、中性脂肪(TG)が合成されます。
※脂質異常症・動脈硬化・心筋梗塞などの原因にもなりかねます

 

【蟹 × 柿 】


蟹と柿それぞれには体温を下げる働きがあります。食べ合わせることで、体温低下作用が促進されます。

★しかし…メリットもあります★
蟹に含まれる亜鉛は、柿のビタミンCの同時摂取によって吸収効果を高めることができます。
※亜鉛は皮膚の創傷治癒と味覚異常の改善に役立ちます(^^)

  

【 ゆで卵 × ほうれん草 】


卵を茹でることで、卵白から硫黄水素が発生します。硫黄はほうれん草に含まれる鉄分の吸収を阻害します。

硫黄は揮発性であるため、卵の殻を割ってしまえば硫黄水素の発生はなくなります。
ほうれん草など鉄分が多い食材と食べる際は、卵と一緒に炒めてくださいね。

  

【 ビール × スイカ 】


ビールとスイカには利尿作用があり、脱水状態で摂取すると急性アルコール中毒になります。夏場は特にご注意くださいね。

  
これまでは、よくない食べ合わせの紹介でしたが、本当は良い食べ合わせの食材についてご紹介します。

【 鰻 × 梅干し 】


梅干しが鰻の消化不良を起こすという説がありますが・・・
実際は鰻に含まれるビタミンB1・ミネラル成分・脂質・コラーゲンが豊富で栄養補給にピッタリです。

そこに、クエン酸を含む梅干しが加わると、疲労回復に抜群の効果をもたらします。

また、梅干しは、脂っこい食事の消化を助けてくれる役割もあるので、むしろ胃腸の働きを正常に保ってくれます。

【 人参 × 大根 】


人参のアスコルビナーゼという酵素がビタミンCを破壊するという説がありますが・・・
実際はビタミンCの型が変化するだけで、ビタミンCの効果がなくなるというわけではありませんので、何も気にせず調理して頂いて結構です(^^)

ただし、人参の酵素で変化したビタミンCは不安定で、ビタミンCとしての効果を失いやすい為、長時間空気中に放置せずに、出来る限り早く食べきることをお勧めします。


今回、ご紹介した悪い組み合わせでは、たくさん食べないように心掛けてくださいね!(^^)!

管理栄養士 江星

「食べ合わせ」のウソ?ホント?

節分やバレンタインが終わり、2月も気付けば中旬を過ぎました。

みなさん、「食べ合わせ」と聞いて思い浮かぶものはありますか?
食べ合わせの食材には悪い組み合わせと良い組み合わせがあります。

今回は、「悪い組み合わせ」の理由をいくつかご紹介します。

【 焼き魚 × 漬物 】


魚を焼くことで“ジメチルアミン”というにおい成分が発生します。これに、漬物に含まれる“亜硝酸ナトリウム”が結合することで発がん性物質の“ニトロソアミン”が生成されます。 

発がん性物質のニトロソアミンはビタミンCにより生成を抑制することができますので、焼き魚を食べる際はレモンの絞り汁や大根おろしをご一緒に★

【 バター × ハム・ウインナー 】


バターに含まれる“ジブチルヒドロキシトルエン”とハムやウインナーといった食肉加工品に含まれる“亜硝酸ナトリウム”が結合して発がん性物質を生成します。あんまり食べすぎないようにしましょう(^^)

また、食肉加工品にはリンが多く含まれているので、腎機能障害がある方は食べ過ぎにご注意です。さらに、リンの摂り過ぎはカルシウムの吸収を妨げるので、食べ過ぎないようにして下さいね。

【 ところてん × 生卵 】


卵白に含まれる“アビジン”が卵黄の成分と結合することで消化不良を起こします。ところてんなどの食物繊維が豊富な食品は消化に時間がかかるため、更に消化不良を起こしやすくなります。
(※納豆×生卵の組み合わせも同じく消化不良を起こしやすい組み合わせです。)

消化不良を引き起こすのは生卵のみ!
半熟卵にすることでアビジンの働きを弱め、消化不良を防ぐことができます。

食べ合わせの良くない組み合わせは他にもまだまだあります。
続きは、2月25日(月)に発信します。

お楽しみに〜♪

管理栄養士 江星