食事から幸せホルモンをとろう

こんにちは、お花見のベストシーズンが終わり、少しずつ日差しが強くなってきましたね。

春は、気候・新しい職場や新しい仲間・引越などの「変化」が多い季節でもあります。
気温差に伴う体温調節や、新しい環境、心の疲労といった変化に順応することができず、体と心にストレスがかかり、自律神経が乱れやすくなります。

というわけで・・・
今回はストレスをやわらげる食事についてご紹介します。

ストレスをやわらげる・・・つまりは幸せと思う機会を増やすという事なのですが、そのためには、幸せホルモンの「セロトニン」の量を増やしてあげることが大切です。

【 セロトニン 】とは?
別名、幸せホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。

「セロトニン」は脳内で作られますが、その材料となる「トリプトファン」は食物からしか摂取できませんので「トリプトファン」を含む食品を食べることで増やすことができます。

【 トリプトファン 】が多い食材は?


★トリプトファンを多く含んでいる食材はお肉や魚、乳製品などが代表的です。★


赤身のお肉(牛・豚・鶏)


青魚


大豆製品(豆腐・納豆・味噌)


バナナ


乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)

太陽の光を浴びることで「トリプトファン」が「セロトニン」に変化しやすくなるので、「トリプトファン」を含む食品を『午前中』に摂取するのことをオススメします。
ヨーグルトやバナナなど朝食に取りやすいのでお試し下さい♬

★五月病の予防のためにも幸せホルモンをたくさん増やしておきましょう★

管理栄養士 江星

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です