8月の旬で1品

こんにちは、お盆も過ぎ徐々に暑さが和らいできておりますが、皆さま夏バテはしておられませんか?

夏はきゅうりやトマト、ナスなどの夏野菜を使用したメニューが美味しいですよね。スーパーにはこの時期の旬の食材が並んでいるのをよく見かけます。

「“旬”の食材は」


「味が濃くておいしい」

「栄養価が高い」

「鮮度がよく、安価」


旬の食材を利用することは、健康にもお財布にも良いのです。
私も、旬を意識して食材を選んでいるのですが、旬の食材でもレパートリーが少ない物があり使用しにくい物もあります。(例えばゴーヤとか、、、)

そこで、今回は簡単にできるゴーヤのレシピをご紹介します。

「ゴーヤ × とうもろこしのお浸しサラダ」

【 作り方 】

①ゴーヤは種やわたを取り、薄くスライスしておきます。(苦みが苦手な方はスライスしたゴーヤを塩もみしておいて下さい)


②沸騰したお湯にゴーヤを入れて茹でます。色味が鮮やかになればザルなどにあげて冷ましておきます。


③とうもろこしは、内皮を数枚残し、塩を入れた湯で10分程茹でます。茹で終わり冷めたら、実を外しておきます。


④大き目のジップロックに調味料をすべて入れ、ゴーヤととうもろこしを加えます。


⑤ジップロックの口を閉じ、数回振って味を全体にからませたら、冷蔵庫で20分ほど寝かせて完成です。


~ ゴーヤ ~
★しわ・たるみ・シミを抑えるビタミンCが豊富
★夏場に汗と共に失われやすいカリウムが多く、むくみの解消を促進
★免疫力アップや高血圧、動脈硬化の改善が期待でき出来るβカロテンが豊富。

~ とうもろこし ~
★疲労回復や肩こりの緩和に効果的なビタミンB1が豊富
★抗酸化作用やアンチエイジングに効果的なビタミンEが豊富
★血中のコレステロールや血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富

ゴーヤの苦みととうもろこしの甘味が丁度良い、少し大人の味付けです。お酒のアテにもいいかもれない!(←くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください)

他にも、8月の旬の食材はこんなにあります。

 野 菜 
きゅうり、トマト、なす、ピーマン、かぼちゃ、ししとう、おくら、とうもろこし、ゴーヤ、えだまめ など
 
果 物
 
スイカ、梨、ぶどう、パイナップル、マンゴー、もも など
 魚 
イワシ、あなご、すずき、たちうお、きす など

旬の食材を食事に利用して、美味しく、そしてお得にお食事を楽しんでくださいね。

管理栄養士 江星